6R

ターゲティングをする際のポイント。

(1)有効な市場規模(Realistic Scale)

規模はどうか? 日本国内のアパレルEコマース市場は約1.3兆円と市場は大きい。

市場規模は大きければ大きいほど可能性も高く魅力的であると言えますが、その反面、競合他社が多いのも事実です。小さい市場の場合は、最低限、事業が成り立つセグメントをターゲッティングしなければなりません。

(2)成長性(Rate of Growth)

今後成長が期待できるか? EC化率も成長を見込める。

市場の成長期には、売上拡大やシェア獲得のチャンスが生まれます。現在の規模だけではなく、将来性を見極めたターゲティングを行わなければなりません。

(3)競合状況(Rival)

競合は? オシャレの方法を教えるサイトに特化したサイトは競合では現状ほぼない。上位3位に入っていると良い。

戦える市場か?市場規模が大きければ大きいほど参入企業は多く、競争の激化から多大な開発費やマーケティング費の投下を必要とします。その結果、収益性が低下し、大きなリスクを伴う可能性も高いことから、競合状況の分析には力を入れなくてはなりません。

(4)顧客の優先順位(Rank/Ripple Effect)

自社にとって優先となるようなセグメントがないか?オシャレがしたいけど方法がわからない顧客を優先。

オピニオンリーダー(集団の意思決定(流行、買物、選挙など)に関して、大きな影響を及ぼす人物)や口コミ発信者に対し、優先的にアプローチをすることで、商品の普及を早め、流行を作り出すこともできることから、セグメントごとに優先順位を設け、その重要度に応じた対策を講じることも忘れてはなりません。

(5)到達可能性(Reach)

ターゲット ネット販売のため全国をカバーしていて商品も手軽に買える。

確実にアクセする方法があるか?インターネットが普及したことにより、ほぼ全ての地域へのリーチが可能となりましたが、ネットを介さない場合、地理的条件により最適なマーケティング活動が行えない場合があります。ターゲティングの際には、確実にそのセグメントに到達する方法があるのかを確認しなければなりません。

(6)反応の測定可能性(Response)

効果や満足度など測定・検証できるかどうか。アンケートやハガキ、LINEでの顧客の効果満足度は検証可能。

広告の反響(効果)や商品に対する顧客満足度など、実施されたマーケティング戦略に対し、効果的な結果がもたらされているかを測定し、検証から微調整を繰り返すことが必要不可欠であることから、セグメントを選定する際には反応測定が正しくできるか否かを見極めなくてはなりません。

6Rを見てみると全てカバーできている。

関連記事

NO IMAGE

CRMとは?

NO IMAGE

なか見!検索

NO IMAGE

資源

NO IMAGE

浦沢直樹の漫勉

NO IMAGE

地域密着

NO IMAGE

売り込みは重要である。