基本的なWEB分析方法とは?

分析には仮説がなければデータを見てみ意味がないので、まずは仮説を立てるところから始めしょう。

実際に仮説といってもどう分析すればいいのか?仮説を立てることもはじめはわからないと思うので仮説を立てる方法をみてみましょう。

仮説を立てる方法3つ

❶  同業他社のサイト

自社サイトや同業サイトを、活用していく。「商品を閲覧してカートに入れて決済する」というシナリオを立てて、実際にそれぞれのサイトを利用してみましょう。

❷  利用者および運営者の声

アンケートやカスタマーに来ている問い合わせ内容を確認する。データでは分析できない内容や気づきが得られる。

❸  過去のデータや施策を比べる

過去のデータや施策を振り返り、データを確認する。

 

分析の基本的なフロー

 

仮説を立てる

どの数値によってその仮説が立証されるかを考える

該当箇所のデータを見る

更なる原因特定のため「トレンド」や「セグメント」を利用して分析を行う

得られた結果から改善 / 活用案を考える

 

関連記事

検索ワードの意図

リカーリング

売れるLPの構成

伊賀には職人はいたけれど、商人がいなかったんです

4Pを売り込むことから、4Cを利益につなげることへ

売上を構成するKPI