自分流 無印マニュアルの作り方

個人でも組織でも自分流のマニュアルはどのように作ればいいのか?

①手順

マニュアル化したい企業(行事など)の性質

何 

なぜ

いつ

誰が

を書き出す

 

とくに「なぜ」は、作業や行事の「目的」であるため、しっかりと確認する。

②手順

その行為が現在、どのように行われているか現在のメニューを見直す。

そのメニューによって、手順1で考えた「目的」が実現できているかを考える。

 

③手順

目的が現実できていないなら、目的を実現する為にはどうすればいいかを考え、より効果をあげられるようになる新しいメニューに変える

 

新たなメニューをマニュアルのスタート地点として、「運用 → 改善」を繰り返す

 

 

関連記事

無印良品が掲げたスローガン「実行95% 計画5%」