無印良品は仕組みが9割

無印良品のマニュアル

無印には2000ページ以上のマニュアルがあり、「きちんとした仕組み」があります。

なぜなら「仕組み = マニュアル」

問題解決をスピード化できる

アイデアを蓄積して、共有できる

努力を成果に直結できる

この考え方は、あらゆる業種、職種で必ず役にたつ

仕組みのメリット

シンプルに仕事ができる仕組みがある

ムダな作業がなくなる

情報を共有する仕組みがあれば

仕事にスピードが生まれる

経験と勘を蓄積する仕組みがあれば

人材を流動的に活用できる

残業ができない仕組み

自然と効率が上がる

 

仕組みがある場合とない場合

○ 仕組みがある場合

ムダがなくなり、楽しく働け成果が上がる

× 仕組みがない場合

仕事のトラブルの根本的原因を取り除けない

 

復活の原動力

「無印良品」の業績が悪化したときも、賃金カットでもリストラでもなく仕組みづくりだそうです。

「努力を成果に結びつける仕組み」

「経験と勘を蓄積する仕組み」

「ムダを徹底的に省く仕組み」

 

これが無印の復活の原動力となった。

 

2000ページ以上のマニュアルは真似できない独自資源です。

 

関連記事

自宅でできる遺伝子検査

ジャパネットたかたの戦略

ブリュードック

観光立国論

プライム会員はお得なアマゾンエコー

レコード始めませんか??