狭義のランディングページ

ランディングページとは?

ランディングページには、2つの意味合いがあります。

  1. 最初に訪問するページ
  2. 申し込みを得るためのページ

最初に訪問するページ

ランディングページ(Landing Page)は直訳すると、「着地するページ」という意味になります。Webサイトで最初に訪れるページのこと。

もしもこのページが初めてのページなら、このページがあなたにとってのランディングページということになります。

初めて訪れたページがランディングページとなるわけですから、1000ページあるWebサイトなら、1000ページがランディングページになる可能性があります。

 

申し込みを得るためのページ

もうひとつの意味のランディングページとは、ビジネスにおいて「コンバージョンを獲得するための独立したページ」のことを言います。一般的に使われるランディングページとは、こちらの意味を指します。

コンバージョン(Conversion)とは、「転換・転化・変換」といった意味で、『商品・サービス販売、資料請求、予約、問い合わせ』など、利益を生み出すために何かしらの申し込みを得ることを言います。

狭義のランディングページの具体的な構造は?

ランディングページは最も伝えたいメッセージを一つに絞って掲載する。

サイトに訪問した人に対して、商品を購入して得られるベネフィットを説明して消費者を説得する。

ランディングページのデザインは、サイト訪問者にその行動を取ってもらえるようにデザインする必要がある。

たくさん情報量を掲載しても「わかりやすい」のなら問題ないですが、ごちゃごちゃしていると離脱してしますので注意です。

ランディングページの最終的な目的

ランディングページの役割は、1つしかありません。それはコンバージョン(conversion)を得ることです。

関連記事

4Pを売り込むことから、4Cを利益につなげることへ

ファイブ・ウェイ・ポジショニング

PUNK IPA

売れるLPの構成

「消費者との絆、関係性」で差別化を図る

買いたいけど買えない。