セグメントしてナンバーワンになれるか?

セグメントの基準は1番になれるか

セグメントの基準は「自分がナンバーワンになれるか?」ということです。今からコンビニを経営していても日本一になることは厳しいと思います。

絞り方によっては一番になることもできます。

顧客で絞る 20歳以下で一番

商品で絞る ロックンロールで一番

地域で絞る テネシー州で一番

 

これを組み合わせていけばナンバーワンになりやすくなります。

ナンバーワンになる理由

一番の方が圧倒的に有利で、認知が高まります。

世界一高い山は「エベレスト」

月の表面を歩いた史上初の人物は「アームストロング」

発行部数世界一の本「聖書」

 

2番目になるとほぼ知らないですよね・・・

世界で2番目に高い山は「K2」

月の表面を歩いた2番目の人物は「バズ・オルドリン」

発行部数世界で2番目の本「ギネスブック」

 

1番を選んでおけば「安心」という心理も働きます。

初めて購入する商品やサービスで何がいいかわかないときは、ランキング1位や1番売れているなどをを選ぶ時があるはずです。

関連記事

顧客ターゲットを決める

セグメンテーションのポイント

顧客を分類する「セグメンテーション」

強みを評価するセグメントをしっかり選ぶ

マーケティング資産

「強み」「差別化」のポイントは顧客の頭の中にある。