顧客を分類する「セグメンテーション」

顧客の分け方、セグメンテーション

成人人口を性別と年代と性・年齢で分けると10個のマスができます。「30代〜40代女性」のマスの部分を分類した場合「セグメンテーション」と呼びます。

ペプシコーラは1970年代「Pepsi Generation」 は若い世代をターゲットにしたキャンペーンでセグメンテーションした。下の図だと「20代以下男性」

性別軸

20代以下男性 20代以下女性
30代男性 30代女性
40代男性 40代女性
50代男性 50代女性
60代以上男性 60代以上女性

 

セグメントの切り口

切り口は以下のようなものがあります。

地域

性別

年齢

職業

ライフスタイルセグメンテーション

同じ20代でもファッションに気を使っている人もいれば、趣味に投資する人、貯金する人価値観のことなる人たちを分類するのが「ライフスタイルセグメンテーション」。

 

出典:ハチスタイル

どの人たちをターゲットにするかによって、マーケティング戦略は異なってきます。「新製品」であればイノベーター「成長期の商品」であればアーリーアダプターがターゲット。

 

関連記事

「強み」「差別化」のポイントは顧客の頭の中にある。

顧客ターゲットを決める

戦場は顧客の頭の中にある!

強みを評価するセグメントをしっかり選ぶ

魅力的なメッセージを決める

セグメントしてナンバーワンになれるか?