強みによって変わる戦場

強みによって変わる戦場

「戦場に誰がいるか?」「誰が競合か?」によって自分の強み・差別化ポイントが変わります。 ある戦場では強みになることが、別の戦場では強みにならない。

コンビニのアイス置き場でハーゲンダッツは高級感があり差別化していますが、戦場が変わって立地条件で周りにコールドストーンやサーティーワンがあれば高級感は薄れます。

同じ商品・店・品揃えであっても戦場によって強みが違ってくる。

 

差別化のポイントをお客様に売り文句として伝えることになります。

戦場によって訴求のポイントは変わってきます。

強みを育てる

競合他社と比べて「強み」がそれほど強くない場合は、強みを育てる必要になります。

メガネスーパーの強みも「安さ」→「アイケア」への強みを育てた。

最初から強みを持っている会社・人はいないので「強み」は育てることができます。

関連記事

顧客を分類する「セグメンテーション」

戦場は顧客の頭の中にある!

セグメントしてナンバーワンになれるか?

強みを評価するセグメントをしっかり選ぶ

顧客ターゲットを決める

「強み」「差別化」のポイントは顧客の頭の中にある。