戦場は顧客の頭の中にある!

戦場を選ぶには?

戦場を選ぶときには、「勝ちやすい戦場を選ぶ」ことが重要。競合が少なく、機会の多い戦場を選ぶ。

機会 事をするのに最も都合のよい時機。ちょうどよい折。チャンス。「抜け出す機会をうかがう」「絶好の機会を逃す」 出典:コトバンク

 

価格(安さ)からアイケアへシフトして、業績が回復してきた「メガネスーパー」で考えて見ましょう。

①機会が多く、脅威が少ない戦場を選ぶ。

伸びている戦場・敵が少ない戦場を選ぶ。

高齢化に向け、メガネスーパーはターゲット層をマス向けから45歳以上のシニア・ミドル層にシフト。この層は国内人口では約半分だが、メガネ小売市場では約7割を占める。

②自社の資産・強みをいかせる戦場を選ぶ

戦いやすい戦場、敵のいない戦場を選ぶ。

創業44年間で累計1,000万人を越えるお客様への対応で培った、「眼」への経験と知識、確かな技術であらゆる世代の眼のお悩みを解決し、眼の健康寿命延伸をサポートいたします。

③競合が参入しにくい戦場を選ぶ

出張訪問サービス

出張訪問用の検査機材を装備した専用車両を40台以上用意。北海道から九州まで、全国各地の拠点にて24時間・365日対応。万全の体制で迅速にお客様と眼と耳のお悩み、ご要望にお応えいたします。

④スウィートスポットを選ぶ

バリューチェーンの中で一番利益のある戦場を選ぶ

メガネスーパーは、お客様一人ひとりの眼のお悩みに対応した販売力視力だけではなく、生活環境や眼の調節力等も考慮した総合的な視力検査をご提供しています。

【眼年齢診断】
年齢とともに衰える眼の状態をお調べします。
【眼体力検査】
裸眼視力はもちろんのこと、最高補正視力や近用視力等、現在の眼の状態、見る力を徹底的に測定します。
【眼環境検査】
ライフスタイルや使用目的に応じた必要な視力をお調べします。
【眼鏡力検査】
ご使用のメガネが経年劣化や破損・変形等により、本来の力が損なわれていないかをお調べします。

出典:メガネスーパー

※バリューチェーン「開発→製造→流通→販売」などの、ビジネスの一連の流れ。店舗だと仕入→在庫→陳列→販売」

8期連続赤字からの脱却

16年4月期は前年比9.9%増の157億円に向上した。純利益は2億円(前年同期は14億円の赤字)を確保し、8期連続していた赤字から脱却。

17年4月期の売上高は178億円で増収、純利益は1億円。

関連記事

「強み」「差別化」のポイントは顧客の頭の中にある。

セグメンテーションのポイント

魅力的なメッセージを決める

顧客を分類する「セグメンテーション」

顧客ターゲットを決める

マーケティング資産