イノベーション普及

スタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース(Everett M. Rogers)教授が1962年に提唱したマーケティング理論。

「イノベーション」がどのような過程を経て普及するか。商品・サービスの普及、浸透を5段階で表した「イノベーター理論」。

「イノベーター」と「アーリー・アダプター」の合計16%を 「普及率16%の法則」

 

 

新商品購入の早い順に 5 つに分類

Diffusionofideas

 

ロジャースによるイノベーションの普及プロセス。新しいアイデアや技術が次々と採用される(青字)につれ、普及率はいずれ飽和する(黄色)。普及率はS字状の曲線となるためSカーブと呼ばれる。

 

イノベーター(2.5%)

革新者 新製品への関心が高く、情報感度も高い。

アーリー・アダプター(13.5%)

初期採用者 平均よりも一歩進んだ層

アーリー・マジョリティ(34%)

初期多数派 やや早いタイミングで採用する大衆。

レイター・マジョリティ(34%)

後期多数派 平均的な人が採用した後に行動に出る慎重派。

ラガード(16%)

遅延者 新製品に無関心。社会的にも孤立した人が多い。

 

ファッションで考えるとアーリー・マジョリティまで浸透していても自社の顧客はまだそこまで到達していない場合もありそうなので見極めが必要。楽天市場では16%まで到達しそうな新商品をいち早く取り入れSEO上位に上げる事が出来れば利益、顧客獲得のコストは削減できるだろう。

関連記事

NO IMAGE

戦略策定、製品開発

NO IMAGE

広告効果

NO IMAGE

買い物は楽しい。

NO IMAGE

バナー

NO IMAGE

マーケティングの定量分析法

NO IMAGE

ブランド・ポジショニング