やはり「かっこいい」は認知させるにはいいですよねぇ

キャッチコピーがない広告が表示された

なんだ「この自転車かっこいいな」と思って広告をクリック。

カスタマイズできる自転車

広告のリンク先がカスタマイズページだったので、何も考えずに目の前の自転車を色をつけてカスタマイズしていました。

広告からあっという間に進んだステップ

「認知→興味→行動→比較」。

広告で認知して、ファーストビューで興味が湧き色カスタマイズしている時点で行動し比較対象になる自転車を探すのも面倒だし色をカスタマイズできるという差別化できる自転車はないだろうという思い込みで比較せず、四段階まで短時間で進みました。

こう考えると、いきなり新規客が買うて大変な事です。今すぐにでも行動しないといけない場合のみ新規→購入に至るプロセスになりそうです。

認知: 商品・サービスの存在を認知する
興味: ニーズを感じて興味をひかれる
行動: 手に取る、HPを見る、などの行動を取る
比較: 競合商品と比較する
購買: お金を払って購買する
利用: 実際に使ってみる
愛情: 満足してファンになる

冷静に考えるといらない

ふるさと納税でも安く買えるようなので、買いたいと思いましたが根本的に自転車持ってるしそこまで自転車使わないんで・・・

必要か必要じゃないのかと言われると全くいらないです。

 

とは言っても欲しいといえば欲しい

 

欲しい・・・

関連記事

NO IMAGE

除外ワード

PUNK IPA

黒霧島のランチェスター戦略

NO IMAGE

マッチタイプ

自宅でできる遺伝子検査

距離の近さ重視