難しい本は全体像がつかめる「超訳」がオススメです。

超訳「ベンジャミン・フランクリン」

購入はアマゾンですが、「安藤忠雄氏」建築の丸善ジュンク堂書店梅田店で見つけた1冊。超訳「ベンジャミン・フランクリン」

弱さに一瞬で打ち勝つ無敵の言葉 【超訳】ベンジャミン・フランクリン

超訳とは?

分かりやすさを優先させる翻訳手法。

意訳をさらに推し進め、訳文の正確さを犠牲にしてでも読みやすさ・分かりやすさを優先させる翻訳手法。ときには大幅な原文の省略を行うことさえある。アカデミー出版の登録商標。 出典:はてなキーワード

 

超訳はレビューが良いわけではない

超訳は分かりやすさを優先しているので、内容を深く理解している人からはレビューが良くない場合があります。

超訳「ヴィルゲンシュタイン」のレビューを見てみましょう。

全体レビューは現在7件で星2つ

低めのレビュー

超訳は全体像がつかめる

何も知らない状態からスタートするには分かりやすい超訳が全体像もつかめてオススメです。レビューから考察すると、超訳は上級者が買ってはいけない「超」入門編です。

関連記事

ファイブ・ウェイ・ポジショニング

早起きの技術

売れるLPの構成

やさしい配色の教科書

「原因」と「結果」の法則

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。