ピカソとゴッホから学ぶ絵画マーケティング

時代の流れに柔軟に対応

ゴッホは一生貧乏で、不幸な人生を送ったことでも知られる。しかしピカソはゴッホとは違い自分の絵を高額で取引し、富豪として幸せな人生を生きた。

赤いぶどう畑

ゴッホが生きている間に売れた絵は「赤いぶどう畑」一枚のみ。

なぜ?世間は俺を認めてくれないのだ

ゴッホは、美術市場には一切気を遣わず自分の絵だけに集中した。自分の絵が売れなくても「なぜ世間は俺の絵を認めてくれないのだろう」と嘆いた。自分の経済的な問題を解決するための努力はせず、ひたすら自分のスタイルを貫いて作品を完成させることに力を注いた。

どうすれば成功できるのか?

ピカソはゴッホとは逆で「どうやったら成功できるか」を常に考える野心家だった。ピカソはできるだけ作品を量産し、どういったスタイルがマーケットに受けるのか把握しようとした。

平均1時間で作品を作る

1つの作品を作るのに要する時間は平均1時間に過ぎず、一生涯で15万点の作品を残した。最も多作な画家としてギネスブックに載っています。

世界が好むスタイルを発見

自分のスタイルを絶えず変化させながら実験を重ねた結果、世界が好むスタイル「キュビズム」を発見し名声と富を得ることに成功した。

ピカソとゴッホ

対照的な2人を内部要素(ヴィルトゥ)と外部要素(フォルタナ)で考えると、努力しても運を掴みに行かなければ成功にたどり着く可能性は減ります。

いくら美味しい料理を作っても、売る方法や市場が求めているものが合致しなければ待っていても成功はしない。

関連記事

セレンディピティ