「消費者との絆、関係性」で差別化を図る

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングは、大きく2つに分解できる。「データドリブン」と「オムニチャネル」である。勘や経験ではなく、データに基づいて行うということ。

データドリブン

データによって消費者を理解、消費者にアプローチ

オムニチャネル

消費者と企業の接点であるECチャネルとリアル店舗をシームレスに統合し、消費者へ購買の場を提供し、一方で、消費者購買行動データ取得の場とすることである。 ※「シームレス」消費者から見てECチャネルとリアル店舗の違いを認識せず意識せず一体的に利用できる状態。

そして企業が消費者との関係性を深め、最終的に消費者のエージェントになることを目標とする。消費者が何かを購買する場合、「あの企業の頼もう」とすぐに想像できる存在になり、消費者との絆を深めることがゴールである。

AIで消費者の行動を事細かに分析

デジタルマーケティングでは、ECチャネルにおける各ページの滞在時間、ページ間移動履歴からどう行動していたのかをAIを活用して分析する。リアル店舗においてもビーコン、顔認証システム、表情認識システムにより、リアル店舗内である消費者がどう導線で回遊し商品を手に取り喜んだのか不満に思ったのか?それでレジに急いだのか棚に戻したのか分析する。

的確なプロモーション

購買履歴がデータ化されていくと、ぼやけたターゲティングではなく1週間以内に「車+新車+SUV」と3回以上検索したセグメントで関東圏に住所を持った人に認知させると言ったプロモーションを行うのがデジタルマーケティングである。

5つの領域を進化させる

デジタルマーケティングは従来型マーケティングの戦略策定プロセス、環境分析、消費者理解、セグメンテーション、チャネル、プロモーションの5つの領域を進化させる。

unisize

unsizeでコンバージョンアップ・返品率低下・試着代行が下がれば、「データドリブン」の部分でデジタルマーケティングを取り入れられる。

関連記事

欧米から推測する4つの方向性

多様性のある時代への転換

徳がななければリーダーにはなれない

早起きの技術

買いたいけど買えない。

スマートカットおすすめの本