ヴィルトゥ(技量)とフォルトゥーナ(運)

私は我が魂よりも、我が祖国を愛する


君主論では、人が成功する上で鍵を握る2つの要素をフォルトゥーナ(fortuna、運命)とヴィルトゥ(virtu、技量)だと行っている。君主にはフォルトゥーナを引き寄せるだけのヴィルトゥが必要であると述べた。

ヴィルトゥ(内的要素)

ヴィルトゥ(技量や力量)は自分がコントロールできる内的な要素。能力、才能、努力。

フォルトゥーナ(外的要素)

フォルトゥーナ(運)は自分がコントロールできない外的な要素。

ポーカーをするとして、自分がどんな手札を持つかはフォルトゥーナ(運)によって決まるが、それをどう使うかはヴィルトゥ(技量や力量)によってきまる。

成功の可能性を高める

サイコロを多く投げた方が、結果的に出て欲しい目が出る確率が高くなるのと同じく、挑戦の回数を増やすことで成功の可能性もどんどん高くなる。

失敗をあまり気にしない

手札の良し悪しを責めず、勝てる戦略を考えなければならないのは、人生においても同じことだ。成功をできるだけ他人に依存せず、自分の力量に頼ること、そうしながらもフォルトゥーナ(運)の役割を過小評価せず、失敗をあまり気にしないこと。そんな姿勢が成功のために要求される。

マキアヴェッリは、Fortuna(運命)とVirtu(技量)に加え、necessita(時代性・必要性)が重要であると説いています。運命はただ「きっかけ」を与えるにすぎず、それをモノに出来るかどうかは個人の「技量」と「時を捉える」能力にあると言ってます。

関連記事

関連記事がありません。