「原因」と「結果」の法則

チャットにこんな言葉が飛んできた!

最近「原因」と「結果」の法則を読んだりポジティブ思考について会社の人と話をするのですが、最近こんなチャットを送ってくれる人がいました。

本田圭佑が、「ミスを指摘して指導するより、上手にできる方法を教える指導がいい」って言ってました

できない自分を意識していては上達しないですよね
意識的に「自分はできる」って思考になるようにします!

1人でもそう思ってもらえてよかったと同時に、自分にも非常に当てはまる内容でびっくりました。

とりあえず本田圭祐さんフォローしました!

ミスを詰めてしまった・・・

まぁいろいろあって、すごくやりづらくなるのは承知の上でミスを指摘して指導してしまったことが最近ありました。当然ながら指摘した人からは反発されましたが「上手にできる方法」を考えましょうと大人の回答をいただきました。

この課題に対して本を紹介してもらったり、本屋へ行き何冊か本を購入しましたが「ミスを指摘して指導するより、上手にできる方法を教える指導がいい」これが全てですね。

ここでネガティブになっていてはこの問題は解決しませんが、ポジティブに考えていたので解決策がすぐに見つかりました!チャットありがとう。

「原因」と「結果」の法則

ジェームズ・アレンの本を読んで思考がいかに大事か分かる内容でした。うまくいかないことも、思考次第でいい方向へ導いてくれる「原因」と「結果」の法則 信じるか信じないかはあなた次第です。

「人は誰も、内側で考えているとおりの人間である」 ジェームズ・アレン


「原因」と「結果」の法則

関連記事

習慣力

ジャパネットたかたの戦略

「消費者との絆、関係性」で差別化を図る

時間をかけずに成功する人、コツコツやっても伸びない人

やさしい配色の教科書

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。