未来のアパレルショップ

今後の実店舗はどうなっていくのか?

全国の店舗数も減っていき、大型店も減り小型店が中心となっていく。店舗にはアイテムはなく液晶ディスプレイで商品が紹介され実際にモデルが着用している。それを見て顧客はアイテムを選ぶ。

試着コーナーの拡大

商品の訴求方法は液晶ディスプレイに変わっていく。映像が流れるディスプレイを見ていいと思った商品は、実際に試着してサイズ感を確かめる。

そのため需要なのが試着コーナー。液晶ディスプレイはそこまで場所を取らないためメインは試着になるので試着スペースが現状の倍以上に拡大する。

働き方が変わる

顧客は気になる商品があれば試着するが店頭には在庫がない。ショップ店員は納品、検品、陳列をしなくてよくなる。主に採寸がメインとなる。

気になるアイテムがあれば?

試着後に気に入れば自分のスマホが店頭タブレットなどで注文する。後日購入したければスマホから受注を入れる。

気に入った商品が試着し放題であれば、今まで買わなかった顧客層も購入する確率も大幅に上がるのではないでしょうか。

関連記事

「消費者との絆、関係性」で差別化を図る

zozotown

ZOZOTOWN何が起こった?

zozotown

当日配送取りやめ

距離の近さ重視

欧米から推測する4つの方向性

靴好きならこれは読んでおきたい「靴磨きの本」