4Pを売り込むことから、4Cを利益につなげることへ

マーケティング・ミックス

顧客に何を提供するか、どのようにして提供するかを計画する上で極めて重要なツール。

基本的には、製品、価格、流通、プロモーションという四つのPが、マーケティングミックスの枠組みを構成する。

製品は通常、市場調査によって把握された顧客のニーズやウォンツにもとづいて開発され、構想から生産までの大部分を企業がコントロールする。

製品の販売価格を決定するためには、企業はコスト・ベース、それに顧客価値ベースの価格価値設定方法を組み合わせて使う。顧客価値ベースの価格設定で算出される顧客の支払い意思額(WTP)は、価格設定に関連して顧客が行える最も重要な提案。

Willingness to pay(支払意志額)とは

お客さんがその物を手に入れるためにどれだけのお金を払ってもよいか。つまり顧客にとっての価値である。

その物を手に入れるためにどれだけのお金を払ってもよいか。つまり顧客にとっての価値である。

提供するものを決めたら

何を提供するか(製品と価格)を決定したら、どのようにして提供するかを決めなくてはいけない。顧客の購入や利用の利便性を高めるために、当該製品をどこで販売するかも決める必要がある。

さらに広告、広報、セールス・プロモーションなど、様々な方法で、製品情報をターゲット・オーディエンスに伝えることも必要。

マーケティング・ミックスの4Pが最適に設計され、連携が取れていると、顧客はその価値提案に引き寄せられ、販売へと結びつきやすくなる。

インターネットでのマーケティング

マーケティング・ミックスの概念は顧客参加の増大に対応できるように発展してきた。マーケティング・ミックスの4Pは、4C(co-creation共創 currency通貨 communal activation共同活発化 conversationカンバセーション)に改められるだろう。

関連記事

PUNK IPA

クラシック音楽マインドフロー

買いたいけど買えない。

ファイブ・ウェイ・ポジショニング

ドリルではなく、穴を売れ

男梅サワァー