ロジカルシンキング

「ロジカル・シンキング」とは?

「ロジカル・シンキング」とは、論理的思考という意味。情報を決められた枠組みにしたがって整理・分析するさまざまなスキルの集まりを指し、これらを使うことによって、複雑なものごとの因果関係を明快に把握したり、問題に対する有効な解決策を導き出したりすることが可能になります。

STEP1

目標と現状の差を明確にする。

何がしたいの?という目標を設定し、次に「うまくいっているの?」と現状のギャップを明らかにする。目標は漠然としたものではなく、可能な限り数値化する。

STEP2

原因を特定する

ステップ1のギャップについて「なんで?」と問いかけ、原因を解きほぐしていくこと。原因を解きほぐしていく。こんステップでは、ある原因が思いついてもそれだけだと決めつけずに、他にも可能性がないかもれなく具体的に考える。

STEP3

対策を立案する

「どうしたらいいの?」を考えていく。STEP2で特定した原因の解決策を考える。1つだけでなくできるだけモレなく具体的に検討する。何個かあげた解決策について、効果的かどうか?実行可能なのかどうかを評価軸を設けて優先順位をつける。

STEP4

実行する

「誰が?いつまでに?何を?期待成果は?」を決めて実行に移す。

STEP5

効果測定

STEP4の解決策について「効果は出たの?」を確認する。思った成果が出ていなかった場合は必要に応じて実行プランを見直す。

 

関連記事

NO IMAGE

サーブクォル・モデル

NO IMAGE

⑥チームワーク化

NO IMAGE

効き脳診断BRAIN

NO IMAGE

少数精鋭

NO IMAGE

デジタルマーケティングと顧客情報獲得

NO IMAGE

BEATLES戦略