除外ワード

必要なキーワード・不必要なキーワード

キーワードは自社のビジネスに結びつきやすいものを集めることができれば良い。キーワードリストの中で必要なものを増やし、無駄なものがあれば省いていく。

類義語がないか確認する。

例えば「メンズ」というワードには「男性」などに言い換えることができます。類義語を探すには「Weblio」から調べることができます。
※類義語(るいぎご)とは、同一言語において、語形は異なるが意味は互いによく似ており、場合によっては代替が可能となる二つ以上の語。「家」と「住宅」「言う」と「話す」

関連性の低いキーワードを省く

類義語がないか確認したら、関連性の低いワードを削除していきましょう。関連性の低いキーワードとは、自社で提供できるサービスや商品と、そのキーワードの意図が離れている言葉です。

「メンズファッション 通販」は購入するモチベーションの高い、関連性の高いキーワードですが「メンズファッション 店舗」だと、ネット通販ではなく店舗で購入するキーワードになり関連性の低いワードになります。

↓ 購買意欲が高いワード
メンズファッション 通販 Search Action
↓ ネットより実店舗を求めているワード 検索 購買
メンズファッション 店舗

キーワードを確認する。

キーワードを考えたのに検索されないものでは意味がありません。検索数が多くても意味合いが広すぎる言葉の場合ユーザーが検討段階であることも多く。リスティング広告には向かない場合もあります。キーワードをリストアップしたら「キーワードウォッチャー」や「キーワードプランナー」で、どれくらい検索されているのかを調べることができます。

関連記事

NO IMAGE

どうなって欲しいのかを考える

NO IMAGE

競合する企業の取り組み

NO IMAGE

クリック単価の計算方法

やはり「かっこいい」は認知させるにはいいですよねぇ

NO IMAGE

広告の入札

NO IMAGE

自社の強み