自社の商品やサービスに関連したキーワード

キーワードをリストアップする作業。

キーワードは順番に整理しながら進めていきます。マーケティング用語で3Cと呼ばれる顧客、自社、競合の観点からキーワードを選んでいきます。

キーワードを考える

まずは顧客。誰もが知っているブランドでない限り、人は商品名やサービス名でいきなり検索してくれるわけではありません。

自分がこの商品を欲しいと思うのはどういうときだろう?どんな状態の人にとってこのサービスの価値があるのだろう?と想像しながらキーワードを考え「検索する人が使うだろうと思われる言葉の組み合わせ」を意識しながら書き出していきましょう。

自社のサービスや商品から考える

次に自社です。自社のサイトを確認し、ビジネスの内容や扱っている商品を書き出してみましょう。例えば、メンズファッション通販の場合、サイト上で扱っている商品の分類名を商品カテゴリとしてくくることができます。その商品カテゴリごとに「通販」「大学生」と言ったものが考えられます。

ライバルからヒントを!

最後に競合。競合他社で普段から気にしている他社のサイトの中に、キーワードのヒントが隠されているかも知れません。1人の見込み客になったつもりで検索してみましょう。競合他社以外にも、その分野の情報サイトや個人ブログ、口コミサイトなどが見つかると思います。競合を調査しながら見込み顧客がどのように体感してみることも、キーワード集めの大きなヒントになります。

関連記事

NO IMAGE

競合する企業の取り組み

NO IMAGE

リスティング広告

NO IMAGE

除外ワード

やはり「かっこいい」は認知させるにはいいですよねぇ

NO IMAGE

クリック単価の計算方法

NO IMAGE

除外ワードを指定する!