パンはやっぱりこれでしょ!

オーカワパン

パンはあまり食べないのですが、スーパーへ行くとついつい買ってしまう「オーカワパン」パッケージデザインもシンプルでオシャレです。

オーカワパンは、人工知能(AI)を使って製造や人員配置の計画を最適化する。

AIで効率化

AIと連動したパンの自動生成型ロボットを導入し、製造体制の強化で2019年2月期の売上高を17年2月比27%増の8億円に引き上げる。

AIの学習効果で徐々にムダのない計画が作成できる。取引先のスーパーなどから購入した販売データも分析し、商品開発や生産・販売計画に生かす。4月に販売データーを元に商品の企画などを担うマーチャンダイジング部を新設。5月にはシステムエンジニアを初めて採用。

17年2月期の売上高は6億3千万と北陸3県のパン製造会社としては最大規模。

パンの消費額

パンの年間平均消費額では、パンの年間ん平均消費額は1世帯あたり3万4円とコメの2万3870円を上回った。福井は2万9631円でコメを上回る。

オーカワパンの良さは?

お客様にさりげなく良さを感じていただける企業でありたいと思っています。毎日の食卓でパンを手に取り、食べていただいているお客様のご要望にできるだけ応えられるような提案を続け、ずっと「オーカワパンの商品が食べたい」と求めていただけるようなパンを作り続けていくことが全てだと思っています。

品質の安定と向上を実現し、より多くの消費者に美味しパンを確実に届けたい」としている。

AI今後の動向が気になります!

関連記事

NO IMAGE

なか見!検索

NO IMAGE

4つの分類戦略

NO IMAGE

エスノグラフィ

NO IMAGE

オウンドメディア

NO IMAGE

入り口ページ

NO IMAGE

色々混ざっている