自社の強み

競合から学べることは何?

競合の取り組みを知ることの価値は2つあります。それは「学び」と「差別化」です。自社の製品やサービスが立ち上がったから間も無く成長期に入るといった場合などは「学ぶ」ことが重要です。学ぶと真似るは語源が同じと言われていますが、学ぶことはコピーするとは異なり良い面を取り入れることだと捉えるのがポイントです。

学ぶ=良い面を取り入れる

差別化する=自社の強みを打ち出す

「学ぶ」という言葉の語源は「真似ぶ」つまり真似をすることです。芸術や武術などに限らず、あらゆる学習はまず人の真似をするところから始まります。お手本となる相手のやり方を観察し、実際に自分でやってみて、お手本に近づけるように努力する。やがてそれができるようになったら、自分なりの工夫を加えて付加価値を出して行く。

競合にはない自社の強みとは?

他社にはない自社の強みを言葉にする。自社の商品・サービスは絶対の自信があるものを書き出して見る。

競合にはない自社の強みを、USP(ユニーク・セリング・プロポジション)と呼ぶ。USPの有無でリスティング広告の結果は大きく変わります。

ビートルズも初期のロックンロールをコピーした、マージービートだけで勝負していたら歴史に残るバンドにはならなかったですね。

関連記事

NO IMAGE

どれだけコンバージョンしたのか?

NO IMAGE

キーワードのメッセージ

NO IMAGE

除外ワードを指定する!

NO IMAGE

リスティング広告パートナー

NO IMAGE

リスティング広告

NO IMAGE

キーワードをグループ分け