競合する企業の取り組み

リスティング広告でプロモーションを行う前に競合の取り組みを必ずしっかりと抑えるべきです。それにより、自社の広告を通じでの切り口がまったく変わってくるからです。

競合は同じ業界だけとは限らない

自社と全く同じか似た商品・サービスを提供している企業を挙げることは、ネット検索で簡単に調査できます。ファッションで悩んでいる人は安いネットショップだったり、ブランド力があるセレクトショップで購入を検討する場合があります。

企業の取り組みをチェック

競合が「顧客から見てどう位置づけられているか」が重要となります。

企業規模

規模が大きいとはヒト・モノ・カネが豊富にあると言うことであり、商品・サービスを安定的に提供できる体制があると言うことを意味します。それだけでもお客さんが選択する上で大きなアドバンテージになります。規模が小さい企業は、安心を上回るメリットを別の点で感じてもらわなくてはいけないことを意識する。

規模が小さければ、スピード、顧客との距離、他社では提供できないサービスや商品

商品・サービスの形態

競合商品・サービスの形態を確認します。同じ商品を売るのでも、単品でなくまとめ買いをすることでメリットを得られるものやサービスの内容で段階的な料金設定をしているところがあるはずです。それが形態となります。

※形態 生物や機構などの組織体を外から見たかたちやありさま

商品・サービスの訴求ポイント

競合が商品・サービスを効果的に売るための訴求ポイントを確認します。整理しやすい方法として「質、価格、コミュニケーション」の3つの軸のうちどこを重視しているのかを考えて見ましょう。初めてサイトに訪れた人が見るページや、商品・サービスを説明するページを見てみます。「質」重視であれば高機能や最高品質を強く訴求しているし、「価格」重視であれば安さを強くアピールしています。「コミュニケーション」重視であれば、サポートの充実を大きくうたっています。

また、それらを組み合わせを訴求していることもあります。

競合の訴求ポイントを見る。

機能や品質を訴求しているのか?価格の安さをアピールしているのか?サポートの充実をうたっているのか?

広告やキャンペーン情報

競合の広告の打ち出し方やキャンペーンの切り口を確認します。検索エンジンで商材名や悩みの言葉など適切なキーワードをいくつか検索してみて、競合の広告が表示されたら、広告をキャプチャーするかリンクを押してどういった広告で訴求してくるのかはわかります。

個人的には、異業種であってもバナーをあえてクリックして調査する場合もあります。

ニュースやブログ、SNSでの発信内容

競合のコーポレートサイトのニュースページを確認することで、彼らがどのような動きをしているのかがつかめます。ブログやSNSはお客さんに向けて発信しているメッセージです。

発信内容を見ることで、どのような顧客と関係を築きたいのかがわかります。

競合の取り組みは表にまとめる

自社 A社 B社
企業規模 小規模 大手 小規模
商品・サービスの形態 オシャレを教える 質も良くトレンド トレンドを安く
商品・サービスの訴求ポイント 返品交換無料

WEB接客

ポイント

ブランド力

ポイント

送料無料

広告やキャンペーン 変身企画 セール ポイントセール
ニュースやブログ、SNS発信 楽しさを伝える コーデ提案 特になし

ただ売るのではなく自社の他者にはない強みを訴求し競合と比べることで、誰に何を提供しているのかをもう一度みつめなおすことが大事です。

関連記事

NO IMAGE

自社の強み

NO IMAGE

除外ワード

NO IMAGE

除外ワードを指定する!

やはり「かっこいい」は認知させるにはいいですよねぇ

NO IMAGE

どれだけコンバージョンしたのか?

NO IMAGE

キーワードをグループ分け