変わる販売方法

受注生産

ストライプインターナショナルは自社サイト経由で受注生産を始め、見込み生産で生じていた在庫を減らす。

300万人超の会員を持つネットで広く注文を受け付けて生産量を確保し、単品ごとの生産によるコスト上昇を抑える。

高級商品の受注生産はあるが、アンダー1万円でのカジュアルアイテムの受注生産は珍しい。

生産コストは割高になるが、売れ残った商品の値引き販売によるマイナスがなくなることで相殺ができるとみる。石川康晴社長

数年前にアウトレットのアースミュージックアンドエコロジーの店舗へ行きましたが70%〜80%の激安セール中でした。

ユニクロもセールは今後控えめか?

ユニクロも納期短縮で店舗などに滞留する在庫を圧縮。在庫処分セールを無くす。

衣料品では販売の数ヶ月前にデザインを決め、需要を予測して生産する手法が一般的。トレンドや天候の読み違えで売れ残った商品は値引き販売される。

セール販売

セールが当たり前になりセール販売比率が数割を占めるなど、収益の圧迫要因となっているメーカーは多い。一般的な販売方法とは異なるTOKYO BASEは、セール販売をせず原価率50%で価格設定している。

受注生産の考え

従来の方法
本社 工場
商品デザイン 需要を予測して大量生産 需要の読み違えの場合はセール
新手法
本社 ECサイト 工場
商品をネットにアップ 注文 受注文だけ生産 全て定価

ECの場合はすぐに生産できる体制が整っていることができれば受注生産は必要ないかもしれません。本社、工場、店のフローも同じ考えではない可能性もありますね。

関連記事

NO IMAGE

動画×コンテンツマーケティング

NO IMAGE

「ヒット数」「セッション」「PV」

NO IMAGE

マーケティング・ミックス

NO IMAGE

ブランドまとめ

NO IMAGE

楽天ヤフーAMAZON

NO IMAGE

直帰と離脱