検索ワードの意図

言葉でユーザーをサイトへ誘導

検索連動型広告で、ユーザーをあなたの広告、サイトへ導く言葉です。言葉の選び方、集め方がリスティング広告で集客し、売上を伸ばしたりするための大切な要素のひとつです。

検索連動型広告では、検索エンジンを利用するユーザーが検索する言葉をクエリと呼ぶ。広告主が登録する言葉を「キーワード」と呼ぶ。

ユーザーのクエリと広告主のキーワードの関連性を、検索エンジンの技術が見きわめ、検索結果画面に広告を表示している。ここに表示されるのがテキスト広告です。(意図しない検索ワードは除外キーワードで制限が可能)

「NIKE シューズ 」で検索

ユーザーが検索した検索クエリと、広告主が設定したキーワードの関連性が高いときに広告が表示される。

ユーザー 検索「NIKE メンズ」

広告主  出稿「NIKE」

キーワードの関連性が高いときに表示される。

ワードによって検索回数が違う

ビックキーワードとスモールキーワードがある。NIKEと検索すればボリュームは多いが「NIKE メンズ ランニング ソックス」と検索される回数は「NIKE」と比べると圧倒的に少ないです。

ユーザーの意図

「NIKE メンズ ランニング ソックス」と検索しているユーザーの目的は明確で、購入への意欲が高そうです。

NIKEで検索
どんな会社だろう? どんな商品あるかな? セールしてないかな? いろいろな意図が込められている。

NIKE メンズ ランニング ソックス 検索
NIKEのソックスが欲しいから探している。

関連記事

4Pを売り込むことから、4Cを利益につなげることへ

クラシック音楽マインドフロー

買いたいけど買えない。

多様性のある時代への転換

PUNK IPA

リカーリング