GRIT

やり抜く力

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

認知から興味へ

プロゲーマー梅原さんの動画を探している時に「GRIT」グリットという言葉が出てきました。そういえば書店で見かけて読みにくいなぁと思い買わなかった本です。

動画で認知から興味へ変わり行動し本の値段は同じなので比較せず購買購読面白い本なので紹介します。

マインドフローをすべて通過しています。

GTIT やり抜く力

「マッキンゼー×オックスフォード×ハーバード」権威の原理

「20万部突破」で社会的証明

成功者がもつ共通点とは?

学歴や知能の高さで、外見の良さでも、身体的能力の差ではない。物事に対する情熱であり、また何かの目的を達成するために継続的に粘り強く努力することによって、物事を最後までやり遂げる力のことです。

グリット=最後までやり遂げる力

物事を最後までやり遂げる能力を上げるには、好きな1つのことを情熱的に努力し意図的な練習をすること。

意図的な練習

①「ちょっと無理めの目標」を設定する。

②目標を達成するための努力を惜しまず、常に周囲に熱心にフィードバックを求める。

③改善点を理解したら、うまくできるまで繰り返し練習を続ける。

やり抜く力を育てる大事なこと

人間の思考には2種類あります。

固定思考(自分の能力には限界があり、変わらない)

成長思考(やればできる。自分の能力は伸びる)
このうち、後者の成長思考を持つ人の方が「やり抜く力」が高いと筆者は述べています。

まだまだ研究途中で結論が出ていないのですが、やり抜く力=最後までやり遂げる。やり抜く力を高めるには成長思考

▼ TED IQだけが優等生や劣等生の違いではない

関連記事

ファストアンドスロー

阿頼耶識

やさしい配色の教科書

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方

「消費者との絆、関係性」で差別化を図る

スマートカットおすすめの本