メガネスーパー

アイウェアからアイケアへ

がっちりマンデーで「メガネスーパー」が取り上げられていたので紹介します。

JINSやZOFFなどの安売り店の台頭により業績が低迷。ターゲット層である若者ではなく中高年に切り替えた。

カスタマイズ

ターゲット層である、老眼が始まる45歳の人口が5割程度いる。JINSなどは安く買えて早く出来上がるが、目の検索を1時間かけて行いその人にあった疲れないメガネやレンズを時間をかけて選ぶ。レンズの種類も100種類。

出店場所を変える

若者が集まる都心部ではく、ターゲット層の集まる住宅地へ。店舗にこれない高齢者などは出張する。

少し前にメガネを新調しましたが、本当に目にあっているのか不安なのでメガネスーパー気になります。

家の近くにないですが、ターゲット層は多いと思うので出店してきてほしいです。

関連記事

NO IMAGE

SWOT分析

NO IMAGE

大一大万大吉

NO IMAGE

TPO

NO IMAGE

マーケティング・プラン

NO IMAGE

ブランドとは?

NO IMAGE

キャズム