SWOT分析

3C分析の最後の自社の分析で使うSWOT分析。自社の強みを内的、外部から客観的に4つの視点で分析する。

SWOT分析

Strength(強み) 自社の強み
Weakness(弱み) 自社の弱み・課題
Opportunity(機会) 外部環境にあるビジネスチャンス
Threat(脅威) 外部環境にある自社にとって都合の悪いこと ライバル企業

外部 = 敵から分析する。

良い面 悪い面
内部 Strength(強み) Weakness(弱み)
外部 Opportunity(機会) Threat(脅威)

内部 自社を知る。

外部 敵を知る。

強みを生かし機会を意識し戦略を立案。

Strength(強み) Weakness(弱み)
Opportunity(機会) 戦略立案「最優先」 弱みを機会に
Threat(脅威) 脅威に備える 撤退回避「最優先」

クロスSWOT分析

「強み×機会」積極的攻勢 強みで取り込める機会
「強み×脅威」差別化戦略 強みを機会に
「弱み×機会」段階的施策 自社の弱みを改善。弱点強化
「弱み×脅威」撤退防衛  脅威と自社の弱みで、撤退しない為には!

自社で考える

好影響 悪影響
内部環境 Strength(強み)

オシャレ初心者の安定した顧客が多い・全社員が共有。コーディネート相談ができる。

Weakness(弱み)

C2層が好むカラーや柄があまりない。顧客管理や在庫管理、集客売れる仕組みを試行錯誤中。

外部環境 Opportunity(機会)

オシャレ初心者まで絞ったメンズファッションサイトがほぼない。

Threat(脅威)

同じ戦略で販売するサイトが出てくる。仕入れ価格の高騰。

織田信長で考える

1560年代前後の設定。

好影響 悪影響
内部環境 Strength(強み)

圧倒的な行動力とすぐに行動できる部隊がいる。農民に支持されている。

Weakness(弱み)

すぐに行動できる部隊はいるが武力や兵士が弱い。成果主義のため古参武将から不満が出る。

外部環境 Opportunity(機会)

兵士が弱いが槍などの武器をイノベーションし、弱小部隊を強化する。

Threat(脅威)

自分以上の行動力と野望がある武将が出現し兵力、戦術も備えた部隊が出てくる。

まとめ

まずは外部から内部へ
積極的攻勢で差別化し圧倒的No1を目指す。
段階的施策で弱点を機会にし、リスクを回避する。

 

外部と内部、クロス分析があり苦しみましたがなんとか理解しました。

関連記事

NO IMAGE

キャズム

NO IMAGE

サービスマーケティング7P

NO IMAGE

変わる販売方法

NO IMAGE

ゲーミフィケーション

NO IMAGE

リスティング広告

NO IMAGE

リターゲティング