アトリビューション分析

アトリビューション(帰属)

「広告などのあらゆる接点・行動の採取的な成果への貢献度を正しく評価するための分析手法」

もともとアトリビューションとは「〜のおかげ」という意味の英語で金融業界では金融商品への貢献度評価で使われてきました。

例えば、広告や動画を見て「Dcollection」のページを閲覧したけど、今は欲しいものがないし買わなかった。しかし、たまたま勢いで広告を見て購入してしまった場合、最後に見た広告の貢献度を100%とみなす考え方をラストクリックCPAといいます。

しかしそれは正しい広告効果でしょうか?

購入以前のものも評価すべき

20140530_02

出典:liskul

それ以前の広告なども最終的なコンバージョンに貢献しているのだから購入以前のものも評価すべきだ、とするのがあとリビュージョン。

バナー広告などの純広告のインプレッションの広告効果などは測定が困難でしたが、DSPや3PASなどを導入することで、バナー広告の表示についてもトラッキングすることが可能になった。

3PAS

複数の媒体を横断しては配信から効果測定までを一元管理することが可能になった。

複数のDSPやメディアからの広告配信を一括管理し、横断的に効果測定を行うことができるアドサーバのこと、または3PASを利用した広告配信を第三者配信と言う。媒体社ではない第三者のサーバーであることからこう呼ばれる。出典:microad

これによって広告効果のある媒体を判別し、効率的な広告配分が可能になった。

 

関連記事

NO IMAGE

色々混ざっている

NO IMAGE

自社分析を行う

NO IMAGE

ナンガオカ

NO IMAGE

PEST

NO IMAGE

30日間チャレンジ

NO IMAGE

戦略BASICS