10 の事実

検索エンジンのアルゴリズム

検索エンジンの高度化、複雑化してきて常に変更が行われているため突然表示順位が買いに落ちることも少なくありません。

不正に大量のサイトを構築してリンクをしたり、不正に順位をあげるような行為をしたりすることは禁じられています。

グーグルはアルゴリズムを変更して順位を下落させるだけでなく、ガイドライン違反としてペナルティーを科しています。

検索エンジンについては「人々に、できる限り早く、最も関連のある答えを与えること」低品質なサイトの掲載順位を下げ、同時に良質なサイトの検索順位をより適切に評価します。

ファッションで検索

ファッションで検索すると、トップニュースの東洋経済やライブドア、ヴォーグなど名だたるところに、ん????

このお面の人は・・・・

img_7472

Google が掲げる 10 の事実

58b80206920b0559ae125f6b5ff44955
  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

    Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません

  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

    Google は検索を行う会社です。検索問題を解決することだけに焦点を置いた世界最大級の研究グループを有する Google は、自分たちにできることが何か、それをもっとうまくやるにはどうすればいいかを知っています。

  3. 遅いより速いほうがいい。

    Google は、ユーザーの貴重な時間を無駄にせず、必要とする情報をウェブ検索で瞬時に提供したいと考えています。今後も、さらなるスピードアップを目指して努力を続けていきます。

  4. ウェブ上の民主主義は機能します。

    Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

    世界はますますモバイル化し、いつどこにいても必要な情報にアクセスできることが求められています。Google は、モバイル サービスの新技術を開発し、新たなソリューションを提供しています。

  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

    Google は営利企業です。企業に検索テクノロジーを提供することと、Google のサイトやその他のウェブサイトに有料広告を掲載することで収益を得ています。

    • 検索結果ページには、その内容と関連性のない広告の掲載は認めません。
    • Google は、派手な広告でなくても効率よく宣伝ができると考えています。ポップアップ広告は邪魔になってユーザーが見たいコンテンツを自由に見られないので、Google では許可していません。
    • Google が掲載する広告には、スポンサーによる広告リンク(スポンサーリンク)であることを必ず明記しているため、検索結果の完全性が損なわれません。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。

    たとえば、ニュース アーカイブ、特許、学術誌、数十億枚の画像や数百万冊の書籍を検索する機能です。Google の研究者たちは、今後も世界中のあらゆる情報を検索ユーザーに提供するために開発を続けていきます。

  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。

    Google の創業地はカリフォルニアですが、全世界のユーザーにすべての言語で情報へのアクセスを提供することを目標としています。

  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

    Google の共同創設者は、仕事は挑戦に満ちていなければいけない、挑戦は楽しくなければいけないという考えで会社を作りました。適切な企業文化があるほうが、創造性のある優秀な成果が上がりやすくなると Google は考えています。

  10. 「すばらしい」では足りない。

    Google にとって一番であることはゴールではなく、出発点に過ぎません。

今後は誰が書いているかが検索エンジンでの上位表示するための重要な要素になる言われています。

 

関連記事

NO IMAGE

ポイント

NO IMAGE

アクロン

NO IMAGE

ブランド・コアを決める

NO IMAGE

コンテンツマーケティング

NO IMAGE

アクセスの重要な4つ

NO IMAGE

半歩先