リスティング広告

キーワードでターゲットを絞る

リスティング広告とは、検索エンジンで検索した時に、その検索結果に連動して一番上や右側に「スポンサー」と表示される広告です。「検索連動型広告」とも呼ばれます。

large

リスティング広告はキーワード単位で広告出稿ができるので、検索キーワードに含まれるユーザーの興味・関心にターゲティングできます。

そのため、クリックされる確率が高く、また、表示されただけでは費用は発生しません。あくまでも実際にクリックされた数に応じて広告料金を支払うため「PPC広告」とも呼ばれます。

広告主は自由にキーワードを設定でき、そのキーワードに複数の入札があれば入札価格と広告の品質(クリック率など)によって決定される広告ランクによって掲載順位が決まります。

一般的なキーワードで上位に表示させるにはかなりの高額になることもあります。また、複数のキーワードを組み合わせることでよりターゲットを絞ることができます。

主な媒体は「Yahoo!プロモーション広告」と「グーグルアドワーズ」です。

リスティング広告はSEOと違いあくまでも広告ですので、コントロールすることができます。PPC広告とも言われる検索連動型の広告です。

関連記事

NO IMAGE

ブランド・パーソナリティを明確にする。

NO IMAGE

Simplicity

NO IMAGE

実践OGMSシート。

NO IMAGE

バナー

NO IMAGE

複数の儲けを組み合わせる

NO IMAGE

マクロ・ミクロ