BOPマーケティング

40億人の貧困層に注目する

BOP(Base of the pyramid)とは、世界の貧困層を意味します。世界の人口中約40億人が貧困層と言われていますが、今後所得が上がることで彼らが大きな顧客に成長していくと期待されています。

bop

http://jma2-jp.org/wiki/index.php?BOP

 

成功例

20140113181024

 

日用品企業であるヒンドゥスタン・ユニリーバがあります。同社はインドのBOP層が買えるように、使い切りサイズに小分けしたボディーソープを売り始めました。1本数百円するボディー・ソープも小分けにすれば数百円で販売できます。

シャクティ・プロジェクトと称して、インドの貧しい農村知育の女性を集めて、自社商品の訪問販売員として育て、彼女たちに小分けのソープを販売してもらったこと。

1012_03

http://www.fujixerox.co.jp/support/xdirect/kdi/1012.html

結果彼女たちに収入源をもたらして経済的自立を可能にするとともに、貧困層の人たちに市場を拡大したのです。ボディーソープを売ることは「せっけんで手を洗う」という習慣をもたらし、衛生面を向上させるため、社会貢献にもなっています。

女性たちが経済的に自立すれば、その人たちに購買力がつきます。そうなればユニリーバの商品を買うようになるでしょう。

また、貧困層の人たちにもブランド名が浸透していますから、他の商品も買ってくれるはずです。

BOPマーケティングは新しい市場を育てるマーケティング手法。

関連記事

NO IMAGE

コンテンツマーケティング

NO IMAGE

メガネスーパー

NO IMAGE

三英傑SWOT分析

NO IMAGE

複数の儲けを組み合わせる

NO IMAGE

ファイブフォース分析

NO IMAGE

コンテクスト・マーケティング