キャズム

イノベーター理論

新製品や技術がどのような流れで世の中に普及していくかを示した理論です。中でもハイテク製品特有の現状がキャズムです。

最初に新商品に飛びつくのは、とにかく新しいものが好きな「イノベーター」その後、新しいものに敏感で実利も求める「アーリー・アダプター」先行者の成功事例を確認してから採用することで確実に実利を得ようとする「アーリー・マジョリティー」

慎重でなかなか採用しようとしない「レイト・マジョリティ」の順番に広まっていきます。そして最終的には、新しいものが嫌いな「ラガード」に広まります。

それぞれの人々が全体に占める割合は図のようになっており、売上を伸ばすには、最多数派である「アーリー・マジュリティ」に支持される必要があります。その鍵は、「アーリー・アダプター」に普及させること。

彼らに製品の魅力を口コミで広げてもらうことが重要です。

 

04-02-adoption-curve_alt

 

深く大きな溝(キャズム)

ハイテク製品の場合、「アーリー・アダプター」「アーリー・マジョリティー」の間には「深く大きな溝(キャズム)」が広がっており、それ(普及率16%)を飛び越えるのは容易ではないと語っています。

キャズムを超えるには、実利を求めるアーリー・マジョリティの全員ではなく、一部の人だけに最適な製品を訴求するなどマーケティング戦略も買える必要があるのです。

キャズムの16%は、あくまで「ハイテク製品」の場合のみ。

関連記事

NO IMAGE

マクドナルド店員の賃金

NO IMAGE

ゲーミフィケーション

NO IMAGE

顕在ニーズ、潜在ニーズ

NO IMAGE

Reviews

NO IMAGE

なぜ?人は買うのか

NO IMAGE

how much is it