サンシー分析

自社の現状を3つの視点で分析する。

市場・顧客(Customer)競合(Competitor)自社(Company)の3つの切り口で自社の現状を分析するフレームワーク。

「市場・顧客」と「競合」が外部分析、「自社」が内部分析です。「市場・顧客」「競合」「自社」の順に分析を行います。外から内への順番です。

他社とのアライアンスを意識するために、「協力業者」(Co-operator)を入れて4Cとすることもあります。

具体的には、その事業の市場規模(潜在顧客はどのくらいの人数が存在するのか)、市場の成長性、購買決定者(誰が買うのを決めるのか)、購買行動に影響を及ぼす要因(価格、品質、デザイン、ブランドなど)といったことを分析します。

「競合」に関しては、「自社の事業において競合している企業」を分析します。

具体的には、競合の数、参入障壁の高低、他社の強み・弱み、他社の戦略(集中戦略、差別化戦略など)、他社の業績(売上高、収益性、シェアなど)他社の経営資源(生産能力、人材、組織スキル、バリューチェーンなど)を調べます。

それらを踏まえた上で、「自社」の強みや弱み、現在の戦略、業績、経営資源の有無を分析していきます。

分析結果を見ながら、

「市場の変化によって、成功要因はどうして変化しているのか今後その市場で成功する要因は何か」

「市場の変化には競合はどう対応しているのか。その対応に必要な経営資源(ヒト、モノ、カネ)は何か」

「自社はどう対処すべきか」

など。

マーケティング戦略において自社の位置を正しく把握することはとても重要です。

関連記事

NO IMAGE

映画から学ぶマーケティング

NO IMAGE

マーケティング戦略策定

NO IMAGE

HELP!ICLOUD

NO IMAGE

クッキー

NO IMAGE

DAGMAR理論

NO IMAGE

ガイアの夜明け。