ホリスティック・マーケティング

顧客の要望を起点に、4要素を組み合わせる。

顧客の要望をすべての起点にして、社内外の経営資源をうまく組み合わせて、全社的な視点でマーケティングを行います。具体的には、次の4つのマーケティング要素をうまく組み合わせていくことが必要だとコトラーは述べています。

リレーションシップ・マーケティング

社内外のステークホルダーとの関係を強めるマーケティング。顧客との信頼関係を強くするCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)と、社員やサプライヤー、代理店、株主などの良好な関係を構築する「パートナー・リレーションシップ・マネジメント」の2つがあります。

統合型マーケティング

製品、価格、流通、プロモーションのマーケティング・ミックスに加えて、販売促進やダイレクト・マーケティング、対面販売なども加えた総合型コミュニケーション・ミックスをします。

インターナル・マーケティング

社内の人たちに向けたマーケティング。自社の役割を認識できるビジョンの提供や、経営幹部へのマーケティング教育などが挙げられます。

社会的責任マーケティング

いかに企業の社会的責任をはたすかという観点から行うマーケティング活動。

顧客の視点から社内外の経営資源をうまく組み合わせる考え方。

4つを組み合わせることで、顧客シェアや顧客ロイヤリティ、顧客生涯価値を高め、利益と成長を共に追求することが目的です。

ホリスティック・マーケティングには、顧客ロイヤリティを高めて、顧客生涯価値を上げよう、という考え方が根底にあります。

関連記事

NO IMAGE

マーケティングの定量分析法

NO IMAGE

情報収集

NO IMAGE

ゲーミフィケーション

NO IMAGE

Simplicity

NO IMAGE

キャズム

NO IMAGE

アトリビューション分析