マーケティングの本質

マーケティングの本質は変わらない。

マーケティングで最も大切なことは、「顧客のニーズに合った製品やサービスを創造し、それらを必要としているターゲット層にリーチし、彼らにいかに購入してもらい、信頼を得てリピーターになってもらい、さらに友達にその良さを伝えてもらえるか」

ニーズ

ニーズの把握にはヒアリングや調査が重要です。ニーズとは人々が必要とすることを意味します。人々に認知してもらうためには、人々の目にとまることが第一段階になります。

人間の活動時間は誰もが1日24時間です。その間人々は何を見ているのか、さらに関心を持っている人に見てもらうにはどうすれば良いのかを考えること。

メディア

マスメディアは依然として強力な認知媒体(メディア)ですが、ネットやスマホの普及により様々なメディアを見る時間が増えつつあります。ソーシャルメディアの普及により友達がすすめているものなど自分の意思ではないモノを見て関心を持つことも増えています。

顕在ニーズ

もちろんまだ顕在化していないニーズを生み出すことも大切です。過去のデータや調査に基づくのではなくプロトタイプ(試作品)を作り、実際のユーザーの反応を見ながら成功させていく手法でipodなどの成功事例が有名です。

常に顧客の立場に立って人間の心理を読み取ることが大切です。

 

関連記事

NO IMAGE

3M

NO IMAGE

4つの指標

NO IMAGE

経験価値

NO IMAGE

ナンバー法

NO IMAGE

デジタルマーケティングで何が変わった?

NO IMAGE

アドベリフィケーション