マーケティング起源

大量製品を売るためにアメリカで誕生

1902年にメーケティングという言葉が使われ始めた。「1905年にオハイオ州立大学でマーケティングの講座がスタートした。などの説があります。20世紀に入ってから、アメリカで生まれて100年程度しか経っていません。

ピーター・ドラッカーによると、〝マーケティング〟の起源は、「店」(越後屋)と述べています。

img_ind_01

江戸時代に、正札販売や大福帳を使った顧客データベース管理など先駆者的なマーケティングを行っていた。

その背景には、産業革命に加えて、鉄道と通信網が発達したことで、大量生産した製品をアメリカ全土に流通できるようになった、つまり全土が「市場」になったことがあります。

これによって販売ネットワークの整備など「市場で売るための方法論」が必要になったことから、マーケティングという言葉が盛んに用いられるようになった。

マーケティング論の元祖と言われているA・W・ショーが1912年に「市場流通における若干の問題」という論文を発表しました。その中で、経済や社会、地理的環境など様々な階層から市場が構成されているとして「市場等高線」の概念を提示し、市場で需要を作り出すには市場分析が必要であることを示唆しました。

その後、マーケティングの研究が進み、さまざまなマーケティングの手法が生まれていくことになりました。

マーケティングの歴史

アメリカ全土で製品が売れるよになる(市場が生まれる)

広範囲の市場で売るための策が必要

マーケティング誕生

 

関連記事

NO IMAGE

ブランドはなぜ重要なの?

NO IMAGE

シェア・オブ・ボイス

NO IMAGE

ハワード=シェス モデル

NO IMAGE

市場・顧客

NO IMAGE

競争相手

NO IMAGE

⑤クライマックス法