マーケティング・プラン

マーケティング・プランを成功させるコツ

良いメーケティング・プランはマーケティング活動の基本です。

良いデータに裏付けされている

マーケティングの実務の成功は、調査、情報収集、分析にかかっていると言っても過言ではありません。データがどのようなもので、どのように解釈できうるのか、きちんと調べ、データの正確あ取り扱いを知って、正しい分析を行う。そして、その結果に基づいて戦略を立てる。定性情報も、その扱いを正しく行い、適正に評価されるように利用する。練りこまれた分析に基づいてマーケティン戦略を構築できれば、マーケティング・プランは予想通りの売り上げを上げられる可能背雨が非常に高くなります。

会社戦略とそれに紐づくブランド戦略に紐付いている

マーケティング・プランは短期的に売り上げを上げるためだけに作られるものではありません。マーケティング活動の究極の目的は、売り上げを上げるとともに、ブランドを構築し会社の価値を高めていくことです。

どんなデータに基づいた素晴らしいプランであっても会社戦略とそれに基づくブランド戦略との整合性がとれないものでは意味がありません。

マーケティング・プランを作る人は、ブランド論をきちんと理解して解釈している必要があります。売上のみならずブランドの強化も行う。これがマーケティング・プランのあるべき姿です。

整合性が細部までとれている。

マーケティング・プランは実施に際してさまざまな細かい、そして思いもよらない障壁にぶつかるものです。その時、よくつくりこまれ、わかりやすく、細部までに整合性のとれたブランドが手元にあれば、良い判断を行うことができます。

どの方向になら思い切りクリエイティビティを発揮してもいいかがわかるプランが、良いプランです。

良いプランは往々にして、データの丁寧な提示、戦略の細かな書き込みやポジショニングの詳細な説明など、つい書きもらしたり説明し忘れたりしがちな細部もしっかりとわかりやすく書かれていて、整合性がとれています。実際、こう言ったプランを見ることで、自社の目指す方向性を心から理解できることが多くあります。

無理なく実施できるわかりやすい内容になっている

良いプランができました。しかし、問題はここからです。マーケティング・プランの実施には他部門との協業が欠かせません。マーケティング部門はあくまでも旗振り役。

例えば提案をうまく製品開発に入れてもらったり、マーケティング実施を営業にサポートしてもらって店頭をにぎわせたり、オペレーション部門の協力でプロモーション用のシールを倉庫で商品に貼ってもらったり・・・

どんなに素晴らしいプランが描けていても、それが協業する各部門い受け入れられない、難しくてなかなか理解されない、ということになれば、実施できないか、実施できても、その価値は半分以下に減ってしまいます。

大事なのは、最新の理論やツールを使うことにより、無理なく実施できる内容で、他部門の理解が得られるプランを、各部門が行うべきことを理解してもらった上で実施すること。

最新のツールを使っていなくても、全社一丸となっての活動が担保できれば、よいプランは確実に成功します。会社の力をどれだけまとめきれるかが、何よりも大きなマーケティング・プランの成功要因となります。

 

関連記事

NO IMAGE

変わる販売方法

NO IMAGE

人は自分が何が欲しいのかわからない

NO IMAGE

やはり30日以内か?

NO IMAGE

too many people

NO IMAGE

総合点

NO IMAGE

サイトの目標