ADネットワーク

ADネットワークの事例

ADネットワークで有名なところといえば、グーグルADネットワーク。ネットユーザーの77%以上にリーチするそうです。グーグルが展開しているさまざまなサービスに掲載されるほか、グーグルの検索パートナー、グーグルの検索エンジンが利用されている検索サイトにも掲載される可能性があります。

ADネットワークの広告表示はクリック重視で最適化されている。

ADネットワークでは、複数の広告のうち、成績が良いすなわちクリックされた回数の多い広告が表示されるというロジックを持っています。

だいたい、一つの広告枠において5〜10個程度の広告が候補となり、そのうちクリック率(CTR)上位3個程度が表示されると考えてください。いずれも過去のクリック率をもとに効果が高い広告が表示されると仕組みです。

ADネットワークとしてもよりクリックされやすい広告を表示した方が儲かるわけですから、こうした仕組みをとっています。

こうなると何が起きるでしょうか?ADネットワーク側が過去のクリック率を重視して出稿しますから、新規参入も既存の広告主と同じ土俵で競争することになり、新入りはなかなか表示されません。

もちろん他の仕組みもあるにはあるのですが、現実的な使いやすさの観点んから、ADネットワークのほとんどがこのような仕組みになっています。

その他の主なインターネット広告の手法

ADネットワークの他にも、さまざまなインターネット広告の手法があります。代表的なものをいくつか紹介します。

ひとつは「枠買い」です。例えばヤフーのバナー広告がそれに当たります。もちろんクリック数なども測定できますが、広告国かとしては、主に認知を獲得することがメインになっています。

ヤフーがバナー広告を始めた時には、購買に直結する広告効果が測れるという売りにして言いましたが、実際には購買にはそこまで直接結びつかないことが、すぐにわかってきました。

ヤフーのバナー広告は、新聞の全面広告と似たようなもので、世に中にはこんな商品があるんだ、こんなところに広告を出せるくらい企業が力を入れている商品なんだ、といった閲覧者の認知を獲得する効果の方が強いということがわかってきたからです。

「枠買い」で売られているものの多くは、認知獲得力が高いと思われるメディアであり、端的にプロモーション的な効率を考えた場合、ワンクリックあたりのコストは非常にtかくなる傾向があります。

しかし・・・・YOUTUBEの広告・・・

興味ない広告ばかり出てくるなぁ

次に「検索連動型広告」。代表的なのは、先ほど説明したグーグル・アドワーズです。検索連動型広告の最初の役割は、まずユーザーが関連した言葉で検索した時に広告を表示して興味を喚起することです。ここで一度広告をクリックすると、その情報をもとにその後訪れるサイトに次々に同じ広告が表示されていく李ターゲティングという手法もあります。

検索連動型広告のもうひとつの役割は、購入寸前のお客さんへの最後の一押しです、グーグルで検索して、そこで広告が表示されれば、購買行動に直結するわけです。

このタイプの広告は、クリック課金スタイルが基本です。またバナーだけではなく、文字だけの広告も出稿できます。

行動ターゲティングとは、自分たちの広告をクリックした人はインターネット上でどのような行動をしているのか、閲覧履歴を分析することで、その人と似たような行動を取っている人たちに広告を表示する方法です。

先ほども出てきたリターゲテイングですが、「この広告、よく見るな」と思うことありませんか?おそらくそれは、リターゲティンされているのです。どこかのタイミングである商品の広告を一度クリックすると、その情報をもとに、その後何度もその商品の広告が表示される仕組みです。

行動ターゲティングやリターゲティングはクッキーという機能を使って行われますので、自身のブラウザーのクッキーを無効にしておけば、ターゲットされることはなくなるはずです。

SNSも広告媒体として多く使われています。フェイスブックで「いいね!」を押してもらうことなどで、フェイスブックの中でも囲い込みができます。そうやって囲い込んだお客さんたちや、まざまなパラメーターで設定したターゲットの人たちに向けて、より商品を知ってもらうための広告を打っていくことが可能です。

デジタル効果測定とリアルな調査を併用する。

多くの分析ツーツが出てきて、消費者の動向が把握できるようになると、「広告を出せばデータも取れるし、調査はいらないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

もちろん、インプレッッションやクリック率を測定することでmどれくらい注目されているかであったり、広告表現が異なるf句数の広告案を試すことで、どの案の注目率が高かったのかと行ったことは数字でわかるようになります。

しかし、その広告が良いい身で注目されたのか、もしくは、ネガティブに受け取られたのかどうかはわかりません。同じようにmどうしてクリックされたのか、コピーが良かったのか、デザインが良かったからなのか、単に目を引いいただけなのか、中身がわかってクリックしたのか、間違ってクリックしたのか、何か別のものと誤解してクリックしたのか・・・・といったことについてはわからないのです。

実際のお客さんの行動についても同様です。広告表現の違いによる申込み率の違いや傾向はわかっても、なぜ申込みをしなかったのかという理由はわかりませんし、この人はブランドにどんな印書を持ったのか、もしくは、好きになったのか嫌いになったのかはわかりません。こうしたことは、やはり具体的に調査しなければわからないのです。

このように、効果測定と調査を併用することで、効果的にイメージと認知を獲得していくことが、デジタル時代においては重要になります。

関連記事

NO IMAGE

製品ライフサイクル

NO IMAGE

なすべきこと

NO IMAGE

BEATLES戦略

NO IMAGE

需要に合わせてサービス水準と価格

NO IMAGE

新規離脱客が復活???

NO IMAGE

オリジナルはいいことか?