ブランドまとめ

ブランド・エクイティ

ブランドとは、商品や商品群、組織などと消費者との間に生まれる絆そのものブランディングをしても、それが企業に市場価値につながらなければ意味がない。

ブランド・エクイティの構成要素

ブランド認知「買う選択肢に入っている」

知覚品質「買う価値を感じている」

ブランド・ロイヤリティ「繰り返し買いたい」

ブランド連想「このブランドなら欲しい」

ブランド戦略構築の手順

ブランド・コアを決める ブランドのエッセンスを抽出したもの。

ブランド・パーソナリティを明確にする ブランドを人に例える

ブランド・ポジショニングを作る 「誰に、どんなん枠組みの中で、何を提供するのか?」そして「なぜ、このブランドならそれができるのか?」を明らかにするわけです。

ブランドを発信

センサリー・ブランディング 名前、ロゴ、色、など・・・

ブランンド・エクセキューション すべてのタッチポイントで整合せが取れているか

マーケティング3.0

マーケティング 1.0 2.0 3.0
中心 製品中心 消費者志向 価値主導
目的 製品を販売すること 消費者を満足させ、つなぎとめること 世界をよりよい場所にすること
可能にした力 産業革命 情報技術 ニューウェーブの技術
市場に対する企業の見方 物質的ニーズを持つマス購読者 マインドとハートを持つより洗練された消費者 マインドとハートを持つ全人的存在
主なマーケティング・コンセプト 製品開発 企業と製品のポジショニング 企業のミッション、ビジョン、価値
価値提案 機能的価値 機能的・感情的価値 機能的・感情的・精神的価値
消費者との交流 1対多数の取引 1対1の関係 多数対多数の協働

トライアングル・モデル

vol12_04

ブランド・マネジメントのトレンド

漠然としたターゲットに向けたイメージ作りからリアルなユーザーやコミュニティとの関係重視へ

ブランドからの一方的な価値提供から、お客さんと一緒にブランドを作っていく共創へ

関連記事

NO IMAGE

アクセス

NO IMAGE

ターゲット

NO IMAGE

複数の儲けを組み合わせる

NO IMAGE

顧客目線

NO IMAGE

マーケティング4P

NO IMAGE

コンセプト開発