調査票の設計、確定

調査票を作成する際の5つのチェックポイント。

調査方法も固まり、定量調査なら調査表、定性調査ならインタビューガイドを作成するとなった際のチェック項目は、以下の5つ。

ポイント1

調査の流れは回答しやすいか?

知りたい情報を得るためには、調査の流れ自体が回答しやすくなっていることが必要です。

家族構成を聞かれたあとに商品についての質問が一つあって、そのあとまた年収を聞かれてそれからまた商品の質問があって・・・・というように、頭に入って行きにくい構造になっていることが大事です。

ポイント2

ロジックはあっているか?

新商品について質問をしたいのなら、まずはその商品の説明を受けないことには答えられませんよね。世の中にないから新商品なわけで、そのことについて聞くためには、回答する人にある程度情報を与えないといけません。アンケートやインタビューに当たって必要十分な説明をできているかどうかです。

ポイント3

選択肢はMECEか?

Mutually( 相互に)

Exclusive(重複せず)

and Collectively(全体として)

Exhaustive(漏れがない)

ことに定量調査の場合に確認すべきことなのですが、選択肢がMEME(抜け漏れなく、だぶりなく作られている)になっているでしょうか?

よくあるのが。選択肢に自分が当てはまる答えがないのに、そこに答えないと先に行けないといった調査設計です。

現在、「最もよく使っている商品をひとつ選んでください」と書いてあるのに、その選択肢の中に自分が使っているものがなく、そのうえ「その他」という選択肢もない・・・・・という調査が多く見かけられる。

ポイント4

情報量が小→大になっているか?

回答者にはできるだけニュートラルな状態で回答してもらいたいのですが、回答が進むにつれ、いろいろな情報を得てしまいます。例えば、何の会社がやっている調査が、どういった商品についてやっている調査かなどがわかってきてしますわけです。

どうしても答えにバイアスがかかってきます。どこの会社がやっている調査か何となく検討がついてきたら、その会社のことをあまり悪く言いにくいですよね?

ですから、最初から情報をどーんと出すのではなく、バイアスがかからないよに一般的なことから聞いて行って、最後に「この新商品についてどうでしょ?」とききたい商品について深く聴き込む、というような設計が望ましいです。

ポイント5

情報操作的な質問をしていないか?

これはとても大事です、自社と競合商品を比較してらうとき、自社商品の写真を3枚、競合商品1枚掲載して「どちらが好きですか?」など聞くのはNG、どう考えても3枚が有利。

サムネイル

サムネイルの場合、ハンガー写真で「いいな」と思うことはあるが、商品単体の写真だけよりクリックしたページ先にモデルがコーディネートがあったほうが有利。

12593271B_16_D_500

http://zozo.jp/shop/studious/goods-sale/11593271/?did=27006146&rid=1004

それから、回答者が混乱するような2つのことをまとめて聞いてしまっている質問をダブルバインド質問と言いますが、これも避けましょう。例えば「この商品は楽しそうでオシャレなイメージがあるか?」といった質問をしても回答者は困ってしまいますよね?「楽しい」と「オシャレ」は質問を分けて聞いたほうがいいでしょう。

関連記事

NO IMAGE

変化できているか?

NO IMAGE

色々混ざっている

NO IMAGE

マツキヨ

NO IMAGE

ナンバー法

NO IMAGE

動画×コンテンツマーケティング

NO IMAGE

価格支配