マーケティングリサーチ

マーケティングリサーチはなぜ必要?

実務の80%がデータとサイエンス、20%がクリエイティビティ。この80%を占めるデータとサイエンスは、主にマーケティング・リサーチによって支えられている。

ある商品が発売してから計画以上に売れている。なぜ急激に売れているのか?

予想が違うということは、必ずなんらかの要因があるはずで調べなければいけない。どうやって調べるか?そのために行うのが「マーケティング・リサーチ」。

1.マーケティングリサーチの定義

組織とマーケット環境を結びつけるものである。マネジメントが環境を理解し、問題と機会を特定し、マーケティングのアクションを開発し評価する助けとなる情報の精査、情報収集、分析、ッッ解釈が含まれる。

マネジメントとは経営陣のこと。何が問題で何が機会か、不確実で分からなかったことをわかるようにして、これから実際取るべきアクションに関してマネジメントが意思決定をおこなる助けとなる情報の提供をするということ。

2.マーケティング・リサーチの役目

経営陣の意思決定の助けとなるデータを提供すること。

その際の不確実性を減らすこと

マーケターはしっかりとした調査をして、現在起きていることの因果関係と将来予測について。ファクトベースでマネジメントに伝えていく必要がある。

3.マーケティング・リサーチの3つの限界

未来も確実に予測できるわけではない。調査にも限界があります。それは以下3つの理由。

1 不確実性を下げることはできるが、完全にセロにはできない。

携帯の17年後の市場規模を予測したが、実際には10倍の開きがあった。

少なくとも拡大傾向ではありますが、数字は大きく間違っていました。10年後以降の予測の場合は正確性が落ちてしまう。

2 意思決定を代わりに行うことはできない。

リサーチ結果がそのまま意思決定にはならない「調査結果がこうだからこうしよう」と安易に決めるのは事業にとって必ずしもいいことではない。

そもそも調査できれいに白黒つけることは少ないもの。意思決定には複数の視点を考え合わせるひつゆおがあり、調査はその硤合を提供するためのものでしかない。

意思決定自体は、その判断に責任を取ることのできるマネジメントを行う必要がある。

3 前提条件の置き方でどうしても結果が左右される。

なんでも調べられる調査はありません。そこには、いろいろな前提が少しづつ置かれているからです。

スキニーパンツの適正価格について調査するとします。自由記入にすると100万から1円など様々な価格を記入する人も出てきます。集計も手間も大変です。そこでたいていの選択肢から選んでもらうことになります。

調査結果を観る側に立つ場合は、結果の数字だけを鵜呑みにせず調査形式や方法を慎重に確認する必要があります。

調査を行う際には、注意深く設計する必要があること、またそもそも調査には限界があるということも知っておく。

4.調査はマーケティング実務のすべてにかかわってくる。

商品コンセプト開発、事業性分析、意思決定、事業戦略策定、テストマーケティング、そして市場に導入されたら、ユーザー調査、製品へのフィードバックなどなど、商品開発から市場導入までの過程の全てに調査が入ってきます。

マーケティング実務の半分は調査であると言っても良いでしょう。良い調査を設計すれば、良いデータを得ることができぶれない結果を得ることができます。

有効なマーケティング・リサーチ

 

得られる結果が意思決定に大きな意味を持つ

タイムリーである

正確に設計されている(ミスがない)

コスト効率が良い

関連記事

NO IMAGE

サンシー分析

NO IMAGE

マーケティング(仕組み)

NO IMAGE

アクセス

NO IMAGE

自社分析を行う

ロジカルシンキング

NO IMAGE

顧客経験価値って何?