商品支配の例

GM

GM(ゼネラルモーターズ)のシボレーは幅広い商品ラインで戦うことを選び、ほぼ全てのタイプの車を扱っっている。

ベストバイ

ベストバイは深い品ぞろえで勝負することを選びアメリカの家電量販店という名声を確立した。1996年には倒産の危機に瀕していたが1999年には年間売上100億ドルの企業になった。ベストバイが活躍に転じたのは電子機器で深い品ぞろえを持つ店というポジショニングをしたからだ。

商品×経験価値

ベストバイは商品への取り組みだけではない。同社が第2の要素「経験価値」との組み合わせでライバルと差をつけている。

売り込まない

同社のセールスパーソンは歩合制ではなくう給料制で働いているので押しの強い販売をしない。

ベストバイのアプローチは「お客様は商品を見て学んで、理解する必要があるというもの」何か買えと迫らずにお客様が気軽に求められる雰囲気が大切なのです。

オンラインの市場を支配

今後オンラインの市場を支配するには、ますます厳しい戦略になっていく。理由はオンライン・ビジネスの成長。

書店最大の実店舗でさ、オンライン書店が扱う書籍の10分の1もストックできていない。有効な差別化戦略とする企業が増えるにつれて、オンラインの世界ではますますカテゴリーが充実してくるだろう。

最大の実店舗でも商品量が10分の1だと、街の小さな書店の運営はアイデアなしには戦っていけないでしょう。

関連記事

NO IMAGE

SWOT

NO IMAGE

バリューチェーン分析

NO IMAGE

MONOQLO

NO IMAGE

インバウンド・マーケティング

NO IMAGE

サービス・プロフィット・チェーン

NO IMAGE

どのような「変革」をもたらすのか?