そこそこの品で十分?

そこそこの品

オンラインの調査でどんなん商品を望むかランク付けをお願いしたところ、最も多いのが「店が一貫して質の良い商品を提供している」と「店が最高品質の商品を提供している」だった。

だたし最高品質の品揃えよりも一貫した質の良い品揃えを重視する消費者の方がはるかに多かった。

無名な商品でも「そこそこ良い」と感じたら、最高級品やブランド品に余計なお金は使わないとの回答が多かった。

しかし1950年代には「一流品にはそれだけの価値がある。」というスローガンが世の中を支配していた。安い商品は信用出来ない時代だった。

消費者は品切れにすっかり慣らされ、欲しい商品がないなら別のもので妥協するのが当たり前になっている。

オンラインで品切れだと、消費者は別の企業のウェブサイトに移動してします可能性が高い。

狙ったターゲット層が違うのに無駄に商品の質を上げるのも間違った戦略で「そこそこ良い」と感じれば良いし、その物に対しての金額、ページ内での訴求が少しでも間違ってしまうとズレが生じる。

関連記事

NO IMAGE

アドネットワーク

NO IMAGE

エスノグラフィ

NO IMAGE

BCGのPPM

NO IMAGE

呂布と劉備

NO IMAGE

アクセス

NO IMAGE

⑤あなた限定