価格哲学

ダラー・ジェネラルの価格支配

一貫性のある正直な価格設定に成功している。

ウォールマートより早い時期に「エブリデー・ロープライス」のコンセプトを採用している。

特売か有効だとは思っていない、有効なのは公正な価格設定。

顧客と価格の取引はしない。切りのいい価格で統一している。

日々の業務の中で、顧客から信頼を勝ち得ることで、顧客にとって買い物の代理人となった。価格を支配する上での価格哲学とは?

現金取引

現金取引、配達なしを徹底している。クレジット手数料を払う必要もなくシステムも必要ない。まず客単価が低く必要がない。

広告ゼロ

新店舗のオープンを告知するときだけ。

価格統一

小売価格を14パターンに限定している。経理と在庫管理にかかる時間が大幅に減っている。

3タイプのブランドを混ぜる

10〜15%はナショナルブランドと自社ブランド。残りはダラー・ジェネラルにしか置いてない商品。
ナショナルブランド、自社ブランド、仕入れブランドの計3種類。

大量に仕入れをしていため、価格設定や商品の仕様について仕入先に強く言える。

品揃えは厳しく

回転の速い消耗品を中心に品揃えをしている。利益の薄さを量でカバーする。回転が遅い衣料品の扱いは増やさないように気をつけ定番商品だけ扱う。

食品と比べると、衣料品の回転は遅めです。

質の高い労働力

低賃金で質の高い従業員を確保する。レジ、荷下し、掃除などスタッフ全員で切り盛りしている。

革新的な不動産業務

地域担当マネージャーに任せている。地域に詳しく、良い条件の立地や的確な場所を確保できる。3〜5年の賃貸契約を結び条件をシンプルにし、成功しないかもしれない土地に長く縛られるのを避けるため。

テクノロジーは賢く

消費者は必要なときに買うと考えている為、オンライン・ビジネスにあまり力を入れない。代わりに倉庫管理のどの商品が、どの頻度で売れているか?管理するシステムに力をいれている。

効率の良い物流

常に安くて公正な価格を提供できるのは効率の良い物流が大きい。輸送費を最小限に抑え流通センターの近くに店舗を置いている。

ダラー・ジェネラルは価格支配は値段だけでなく、実際には目に見えない部分でもコスト削減していて必要もないシステムにはお金をかけない。

関連記事

NO IMAGE

ナンガ

NO IMAGE

ナンバー法

NO IMAGE

マーケティング・プラン

NO IMAGE

CRM

NO IMAGE

バナー

NO IMAGE

加茂水族館