アクセス

アクセスで戦うには?

c0072801_14105843

物理的なアクセスだけで前に進もうとするのはどう考えても現実的な戦略ではない。

レベル3 解決策をくれる 市場支配 選び出す
レベル2 便利である 差別化 好む
レベル1 簡単である 標準 受け入れる

ライフスタイルにまつわる問題に解決策をくれるかどうか、心理的な絆やコミュニティ感覚を提供してくれるかどうかでも定義している。

清潔さ

消費者は店の見た目を重視する。アクセスの良さとは心理的な意味も含まれる。スーパーやドラックストアの場合、消費者はアクセスで最も重要な要素としてえ「清潔」で管理の行き届いた店をあげていた。

価格の見やすさ

アクセスが2つ目に重要なのが明確で見やすい価格だ。オンラインで買い物する人たちにとって、明確でわかりやすい価格は重要。

送料はいくら?いくらで送料無料?いつ届くのか?

便利な営業時間

週7日、24時間で営業は全ての企業にふさわしい方法ではない。商品・サービス・客層の要素を考慮すべき。

店の構成とレイアウト

アクセスで成功したいなら、初めて来たお客様でも探し物がちゃんと見つかるま店でないといけない。消費者の不満の大きな一つはどこに何がるのか表示していない店が多いこと。

規模の大きさは、アクセントにプラスかマイナスか?

アクセスで大きな争点となっているのは、スーパーの規模。店の規模をどんどん広げている。消費者は一箇所で何もかも買いたいと信じているからだ。しかし消費者は買い回りやすく、あまり大きくない店を望んでいる。

近所のリカーショップは、小規模で駐車場からすぐに入店でき小規模で非常にありがたい。

立地がモノを言う場合とは?

アクセスを1位の要素に選んだ企業は、まずは消費者が欲しいものを簡単に見つけられるようにしなければならない。

アクセスで支配したいならアクセスが良いという基本レベルに留まらず消費者にさらなる便利なアクセスを提供しなければならない。

立地アクセスと入店してからのアクセス、心理アクセスも支配しなければ支配レベルとは言えないですね。

関連記事

NO IMAGE

近江商人

NO IMAGE

アドネットワーク

NO IMAGE

マクドナルド店員の賃金

NO IMAGE

一貫性の法則

NO IMAGE

トライアングル・モデル

NO IMAGE

パンはやっぱりこれでしょ!