加茂水族館

img_vol283_01_l

1964年に山形県鶴岡市で開館。年間21万人の水族館だったが秋田県に本格的な水族館が建設し、入館が大幅に減少した。

珍しい魚を仕入れたが集客に繋がらず、ラッコを5000万で購入しても入館が増えず借金も1億まで膨らみ、ついに1997年に経営が悪化。

試行錯誤しながらある時、低価格だったサンゴを水槽に入れていたが、サンゴについていたクラゲの卵が孵化しお客さんが注目し「クラゲ」専用の水槽を設置した結果1年間で2,000人にアップした。

クラゲで入館数がアップ

1997年に9万人だったのが2014年から89万人に急上昇!福井県の人口80万より多い入館者数に増えてます。

他にない「クラゲ」で差別化し、「クラゲ」の強みを生かしクラゲの養殖もできる資産にした。

ボロボロだった建物もリニューアルされ、現在では世界のクラゲを扱う水族館である。

他にない「クラゲの専門」加茂水族館。秋田にありますが、行ってみたいです!

関連記事

NO IMAGE

Hope Invites

NO IMAGE

近江商人

NO IMAGE

本は借りた方がいい?

NO IMAGE

製品ライフサイクル

NO IMAGE

地域密着

NO IMAGE

インターナル・マーケティング