早起きの技術

「早起き」の技術

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

自分を変える習慣力を読んで早起きに興味を持ち、ショッピングセンターの書店で並んでいたので購入しました。

朝の1時間は夜の3時間に匹敵する。

20160406093630

起きてから12時までが最大の集中力が発揮出来き、朝一の生産性が高くなる。この図だけ見れば、朝早く起きないと損と思って納得して起きれます。

暖かくなってきたので先週からまずは6時起きを実践しています。早起きして部屋の換気をして花粉が入ってきて直近2日は体調不良で起きれていません。体調が戻ってきたので明日から再開です。

早起きは三文の徳

たまにこの言葉は聞きのですが、調べてみると三文とは江戸時代の寛永通宝で100円ほど得をするという意味です。

奈良説

こちらも江戸時代「奈良で」は家の前で鹿が死んでいると罰金で三文払わないといけなかった。そのため早起きし、家の前に鹿がいれば移動して罰金を逃れる説。

いざ早起きしようと思って、早起きは三文の徳と言っても響かないですが集中力が2〜3倍違ってくると言われると簡単に起きれる気がします。

早起きのコツ

早く寝るだけですね!

ここ1週間は昨年と比べても5時間程度早く寝ています。

関連記事

ファイブ・ウェイ・ポジショニング

「1日ひとつだけ強くなる」

「原因」と「結果」の法則

GRIT

時間をかけずに成功する人、コツコツやっても伸びない人

観光立国論