やさしい配色の教科書

やさしい配色の教科書

 

探していたわけではないですが、デザイン関連の書籍の場所で何冊か手にとって中身を見ていました。

色の事は知りたいなと思っていましたが、彩度や明度や色相環など難しそうで説明文も多いなぁと感じていました。

配色関連で2〜3冊見比べて、この本がフォント、ジャンプ率、行間、圧倒的にわかりやすかったので購入しました。

購入マインドフロー

認知 配色の本があるのは知っていた
興味 本屋へ行き興味がわいた
行動 本を手に取る
比較 関連書籍と比べる
購入 わかりやすくて購入
利用 一通り読んでみる
愛情 今、気になってる人へ紹介する

興味のフローで分かりにくい、商品の価格が高いなどはモレにつながる。

ピンク

具体的イメージ:もも、桜

抽象的イメージ:かわいい、幸福

心理効果:幸せな気分、やさしい気持ちになれる。

ピンクがベースカラーの表紙の本はわかりやすくて読みやすい共通点があるかもしれない。

関連記事

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

「1日ひとつだけ強くなる」

時間をかけずに成功する人、コツコツやっても伸びない人

スマートカットおすすめの本

キングカズ

ジャパネットたかたの戦略